日本語論文 to Mendeleyは、日本語論文の書誌情報とPDFをもとにCiNiiから書誌情報を自動取得し、PDFファイルと書誌情報を同時にMendeleyにインポートできるフリーのサービスです

「日本語論文 to Mendeley」は、日本語論文のPDFをもとにCiNiiから書誌情報を自動取得し、PDFファイルと書誌情報を同時にMendeleyにインポートできるフリーのサービスです。

クラウド型文献管理・共同研究ツールMendeley(メンデレー)をお使いの方へ朗報!

文献管理だけでなく、グループ管理やソーシャルなども豊富な無料ツールMendeley(メンデレー)。2008年の登場以来、世界で200万人近くの研究者が利用しています。英語インターフェースのサービスですが、日本語論文も管理できるため日本国内でも多くの研究者が利用しています。

MendeleyでPDFをインポートすると自動的に書誌情報が抽出されて登録されますが、日本語論文のPDFをインポートするとき、書誌情報がうまく取得できないことがあります。この場合、自分で書誌情報を入力しなおすのが非常に面倒です。「日本語論文 to Mendeley」は、日本語で記述されたPDFから自動的に書誌情報を抽出してPDFと同時にMendeleyにインポートするサービスです。Mendeleyのアカウントがあれば、どなたでも無料でご利用いただけます。

News

・ 国立国会図書館のサイト「カレントアウェアネス」で「日本語論文 to Mendeley」がとりあげられました!

日本語論文の書誌事項を文献管理ツールMendeleyへ正確に取りこむためのツール「日本語論文 to Mendeley」